無趣味を脱出ドットコム

趣味がない!趣味がほしい!無趣味がつらい!という人に向けて自称:無趣味がおすすめできる「何か」を探します

趣味がないなら「バッティングセンター通い」を始めてみては?

バッティングセンター通いとはどんな趣味?

f:id:naze7000nanoka:20150111105130p:plain

この間、新宿のバッティングセンターで毎年、ホームラン王を独占している人がいるというニュースを見た。しかも女性! 通算で1600本以上もホームランを売っているのだとか。

 

普段、野球は見る専門だけど、何度かは行ったことがある。カキーン!と言う金属音が響いて、見事ジャストミートした時の快感はすごく気持ち良かった。趣味にすれば、日々のストレス解消になることは間違いなし。

 

調べてみると、こんなサイトがあった。

バッティングセンター ポータルサイト バッセンナビ

 

全国のバッティングセンターの場所が載っていて、マシンの球速や値段なども紹介されている。最近では人気のプロ野球投手が画面に映るマシンもあって、広島カープの前田投手や、巨人の内海投手、西武の菊池雄星投手なんかと対戦できるとか。

 

スポンサーリンク

 

趣味をバッティングセンター通いにするメリットとデメリット

メリット

  • ストレスの発散になる
  • 運動不足の解消になる
  • 仕事の終わりに気軽に寄れる
  • 意外な才能に気づきプロテスト挑戦→プロになれる可能性もゼロではない?

デメリット

  • 毎回数百円だが意外とお金がかかる
  • 下手なのに通うとと野球少年たちにバカにされそう
  • 何度も打っていると手にマメができてしまう

バッティングセンター通いを始めるのに必要なもの

とりあえず手ぶらでOKだが、趣味にするならマイバットとマイ手袋は持っておいた方がいいかも。

バット

 

手袋

 

 バッティングに関する書籍 

バッティングメカニズムブック 理論編―バッティングの仕組み

バッティングメカニズムブック 理論編―バッティングの仕組み

 

 

現役の投手がスクリーンに映って対戦できるのは楽しそう。そろそろ日本ハムの大谷投手も出てる? 160キロなんて投げられたら恐ろしくてバッターボックスに入るのが怖いけど。